漫才「クイズ番組」

 

二人:はいどうもー!オフ・コースです、よろしくお願いします。

大賀:早速なんですが聞いてもらいことがあるんですよ。相方であるはずだろうお前に。

藤井:そこは確信持ってくれ。間違いなく相方だから。

大賀:…俺、お笑いやめる!

藤井:いきなりだな!どうして!?

大賀:どうしてでしょうか?

藤井:俺に聞くなよ!理由があるんじゃないの?

大賀:ああ、ありますあります。お笑いって先が見えないじゃないですか。

藤井:まあ、若手時代は苦労するしね。

大賀:それで、先のことを考えて他の仕事も探してみようかと思ったそうな。

藤井:自分の事ですよね?

大賀:それでクイズ番組の司会したいなぁと思って。

藤井:それはお笑いよりも厳しくないか?色々な経験が必要だろうし、お前には無理だろ。

大賀:さあ、始まりました「THE QUIZ!」司会の大賀です。

藤井:いきなりやっちゃうのかよ!しかも番組名が直球すぎる!

大賀:まずは、解答者の皆さんの紹介です!

藤井:まぁやるからにはちゃんと紹介して下さいね。

大賀:皆さんは本名「皆木 弘忠」。23歳のサラリーマンで…

藤井:ちょっーと待った!「皆さん」ってあだ名のことなの!?

大賀:そうですが、何か問題でも?

藤井:開き直るなよ!そのあだ名だけはややこしいからやめてくれ!

大賀:面白いことを言いますねー。「「皆さん」をあだ名とは見なさん!」なんて。

藤井:一言も言ってねぇよ!

大賀:空耳100%の耳ではそう聞こえました。

藤井:完全に聞き間違いじゃん!そんなことよりも早く司会を続けろよ!

大賀:では、今日の解答者の紹介です!まず左から田辺さん、斉藤さん、那須さん…そして藤井さんの計500名です。

藤井:うん、せめて10人くらいにしておこうか。

大賀:じゃあ、「残念ながら490人は遠くに旅に出ました」とでも言えば良いか。

藤井:いや、最初からいなかったことにすれば良いだろ!

大賀:誠意を持って努力します。

藤井:努力せんでも出来るわ!

大賀:では、10人で参りましょう。第1問!

藤井:よし、とりあえず優勝を目指して頑張るか。

大賀:『漫才コンビ「オフ・コース」のように先が見えない状態で、水の粒によってできる…』

   (ピポン!)

大賀:はい、田辺さん!正解!良くわかりましたね。答えは「霧」です。

藤井:問題の中で自虐するな!

大賀:第2問!『今話題の「たまごっち」ですが…』

藤井:この放送いつの時代?

大賀:『そのたまごっちで…』

   (ピポン!)

大賀:おっと賭けに出たか!?斉藤さん!なんと、正解!!答えは「ありをりはべりいまそがり」でした。

藤井:どうやったらその答えにたどり着く!?

大賀:真実はいつも一つだからです。

藤井:コナンみたいなことを言うな!

大賀:では次の問題!『古文の授業で…』

   (ペケポン!)

藤井:音がオリエンタルラジオ!?

大賀:はい、那須さん!残念!惜しかったですね。答えは「おやじっち」でした。

藤井:おい、待て!今の答えと前の答え逆やないか!?

大賀:はい、逆でした。

藤井:分かってたのかよ!じゃあ斉藤さんはなんで正解だったんだよ!

大賀:真実はいつも二つだからです。

藤井:どっちかは捏造された真実か!?

大賀:では気を取り直して第77問!

藤井:いつの間にワープしました?

大賀:これが最後の最後の最後の問題です!

藤井:そんなに強調しなくても伝わってます。

大賀:この問題の得点は特別に100億兆万点です!

藤井:単位が子供か!他の単位にしろ!

大賀:得点は、100点ドルです!

藤井:それもおかしいわ!

大賀:アメリカドルではなく、カナダドルのほうですよ?

藤井:どっちでも同じだ!点数は100点にしとけ!

大賀:では、問題です。『「最後」とは英語で「last」と言いますが…』

藤井:ホントに最後に関係している問題か。

大賀:『では、「最初」を英語で…

   (ピンポン!)

大賀:はい、「映画『ピンポン』をこよなく愛する美男子」藤井さん。

藤井:違います。勝手に美化しないで下さい。答えは「first」!

大賀:ファイナルファンタジー?

藤井:間違えてる!しかも急にミリオネア風!?せめて「ファイナルアンサー?」と言いなさい。

大賀:ファイナルアンサー?

藤井:はい。ファイナルアンs…

大賀:正解!

藤井:早いわ!

大賀:おめでとうございます!見事藤井さんが9人と戸籍から消えた490人を引き離してのぶっちぎり優勝です!

藤井:戸籍ごと消してたのかよ!お前の努力は凄すぎるよ!

大賀:では、早速優勝賞金1ギルが贈られます!

藤井:単位までファイナルファンタジーかよ!しかも少ないっ!

大賀:諸費用にかかったんですよ。戸籍の件とか。

藤井:金払って消したのか!?ま、まさか裏の組織に頼んだんじゃあ…。

大賀:神社へのお賽銭です。

藤井:そんなことに使ったのかよ!結局お前の努力は神頼み程度か!?

大賀:そして、豪華副賞として「携帯ストラップ1億円分」が贈られます!

藤井:俺はベッキーか!?その分の金そのままくれよ!

大賀:それでは皆さんまた明日お会いしましょう〜!

藤井:この番組毎日やるの!?やめやめ!

大賀:どうした?これから次回予告を1時間程述べるんだが。

藤井:長すぎるわ!やっぱお前に司会は無理だよ。

大賀:そうか。初めの問題の答えを「霧」にしたのが失敗だったかな。

藤井:どうしてだ?

大賀:だって「霧」だけに「視界(司会)が悪い」じゃないですか。

藤井:もういいよ!

大賀:はい、俺たちもちろん!

藤井:オフ・コース!

二人:どうもありがとうございました。

 

戻る

inserted by FC2 system